無垢材のチェア

無垢材のチェア

無垢家具とは、木そのものでできた家具のことです。
木そのもの、というのは、薄い木材を集めて接着したものではなく、使うぶんだけ、木から切り出したものということです。
無垢家具も、それ以外の家具も、それぞれ違うよさがありますが、無垢家具はどんなところが魅力なのでしょうか。

最近ネットで購入した無垢材のチェアがとてもすてきだったので、こちらの魅力を語りつつ、無垢材の家具のよさはなんなのか考えてみたいと思います。
そもそもどうして無垢材のチェアを買おうと思ったかというと、わたしは小学校のとき買ってもらった学習机をいまだに使用しており、
それに付属していたプラスチックの椅子がとても使いづらいことに気がついたからです。
学習机そのものは大きな一枚の木でできており、よく考えたらこれも無垢家具ですね。
おしゃれなカフェや芸術大学の図書館にありそうな、しっかりとしていて見た目もすてきな椅子が欲しくて、ネットで検索していると、
感じのよい家具店のサイトを見つけました。
こちらで少し奮発して買ったのが、無垢材のチェアです。

まさにわたしが探していたような見た目が洗練されていて丈夫な図書館風の椅子です。
学習机は、上についていた使わなくなった棚をすべて撤去したら、すてきな机になりました。
しっかりした木の学習机におニューの椅子がよく合います。無垢家具の魅力のひとつはやはり風合いではないでしょうか。
無垢材の学習机と椅子は、見た目もマッチして、木の風合いがすてきで感じよく、座って作業するたびいい気分です。

そしてそもそも椅子は木で作る場合、丈夫にするため無垢材で作られるようです。
丈夫なこと、これも無垢家具の魅力ですね。丈夫なので長持ちします。
長持ちするうちに、無垢家具は経年変化します。
年月を経て出てくる木の味わいを楽しめるということです。

また、この独特の木の風合いがおしゃれな空間っぽくしてくれます。
おしゃれなカフェや芸術大学の図書館みたいなところのおしゃれさは、木の風合いが一役買っていますね。
木材を薄く切ったりそれを接着したりする技術のなかったころから無垢材の家具は存在しますが、
無垢材の醸し出す雰囲気には、逆に新しさを感じます
無垢家具は少しお高めですが、何十年も使えるであろうことを考えると、お得な買い物なのではないでしょうか。

以上が無垢材のチェアを買ってみての私の思う無垢家具の魅力です。木の椅子はよいものですね。
木の雰囲気が好きな方には、無垢材の家具はとってもおすすめです。


無垢テレビボード

無垢テーブル オーダー

変形ダイニングテーブル

ウッドスタンド

無垢椅子

無垢ソファー

無垢インテリア

コーナーソファ 通販

無垢ダイニングセット

テーブル無垢材